東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1960年代 U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケット(初期型・オキシデントタブ)!!

今回紹介するアイテムは 1960年代 U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケットです!!フライトジャケットを語る上ではこの TYPE MA-1 フライトジャケットは必要不可欠な存在です!!是非チェックして見て下さい。

MA-1-01.jpg

MA-1-02.jpg

MA-1-04.jpg

MA-1-05.jpg

MA-1-07.jpg

MA-1-06.jpg

MA-1-08.jpg

MA-1-09.jpg

MA-1-010.jpg

MA-1-03.jpg

MA-1-01.jpg

フライトジャケットの中で最もポピュラーで、そして最も息の長い存在が『 TYPE MA-1 』です。
TYPE MA-1 の開発は 1950年代に開始されました。ベースとなったのはそれまでの正式フライトジャケットの座にあった『 TYPE B-15 』シリーズでした、TYPE B-15 は 1943年に登場したコットン製の『 TYPE B-10 』を改良して発展させたものです。めまぐるしい技術革新や軍用機の発達に答えてフライトジャケットも大きく変貌を遂げました、そうして誕生した TYPE MA-1 は従来のフライトジャケットでは当たり前だった襟ボアを取ると言う最も大きな改修を加えられたモデルです。その背景にはジェット戦闘機の開発が有りました、それまでのプロペラ機による航空装備の見直しを迫られたからでした、ヘルメットの改良も有り従来の襟のボアが邪魔になってしまったのです、1957年に採用以来、1970年代にフライトジャケット『 TYPE CWU-36/P 』が登場するまでアメリカ空軍によって愛され続けました。その間には細かい改修が加えられ、より完成度の高いものとして発展を続けてきたのは言うまでも有りません。そしてこのスタイルは今現在も色褪せないでいます。


今回のアイテムは 1960年代 U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケットです!!今回の TYPE MA-1 は初期型のモデルになります!!大きな特徴は胸のオキシデントタブです!!左右の脇部分に有ります ICS用のボックスタブ!!メインジッパーは『 CONMAR 』社製の物を使用しています!!シガレットポケットのジッパーは『 CONMAR 』社製のコの字留めの物を使用しています!!制作は『 DOBBS INDUSTRES .INC. 』社製です!!フライトジャケットのシンプルなオーソドックスタイルがここに有ります!!

U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケット 初期型

年代: 1960'S SIZE: MEDIUM

SOLD OUT!!

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2017/10/18(水) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1980年代 U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケット(ライナーグレー・グランドクルー)!!

今回紹介するアイテムは 1980年代 U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケットです!!
TYPE MA-1 のグランドクルータイプです!!是非チェックして見て下さい。


GM-01.jpg

GM-02.jpg

GM-04.jpg

GM-05.jpg

GM-03.jpg

GM-09.jpg

GM-08.jpg

GM-07.jpg

GM-06.jpg

GM-01.jpg

フライトジャケットの中で最もポピュラーで、かつ最も息の長い存在が『 TYPE MA-1 』です。TYPE MA-1 の開発は 1950年代に開始されました。ベースとなったのはそれまでの正式フライトジャケットの『 TYPE B-15 』シリーズでした。TYPE B-15 は 1943年に登場したコットン製の『 TYPE B-10 』を改良して発展させたものです。技術革新や軍用機の発達に答えてフライトジャケットも大きく変化しました、その中で誕生した TYPE MA-1 はフライトジャケットの襟ボアを取ると言う最も大きな改修を加えられたモデルです。その背景にはジェット戦闘機の開発が有りました、それまでの航空装備の見直しをして、1957年に採用以来、1970年代にフライトジャケット『 TYPE CWU-36/P 』が登場するまでアメリカ空軍に使用され続けました、その間には細かい改修が加えられ、より完成度の高いものとして発展を続けて来たこのスタイルは今現在も色褪せません。

今回のアイテムは 1980年代 U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケットです!!今回の TYPE MA-1 はグランドクルータイプです!!グランドクルーとは主に地上勤務員の事を差します!!実際にパイロットとは違い空を飛びませんので裏地は本体と同じセージグリーンのカラーリングです!!メインジッパーには『 SCOVILL 』ジッパーを使用しています!!ポケットにはフラップが付きます!!前立てはスティーブマックイーンタイプの様に縦にステッチが入ります!!シガレットポケットには『 SCOVILL 』と『 GRIPPER 』のダブルネームのジッパーを使用しています!!制作はフライトジャケットでは非常に人気の高い『 ALPHA 』社が製作しています!!TYPE MA-1 シリーズの中では非常に珍しいフライトジャケットです!!

U.S. AIR FORCE MA-1 フライトジャケット グランドクルータイプ

年代: 1980'S SIZE: LARGE

¥129000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2017/10/17(火) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケット( 1st タイプ・レザー製オキシデントタブ・クラウンジッパー)!!

本日のアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケットです!!フライトジャケット中でも非常に数の少ないアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

160326-1

160326-2

160326-3

160326-4

160326-5

160326-6

160326-7

160326-8

160326-9

160326-10

160326-11

160326-2

160326-1

第二次世界大戦の主力フライトジャケット TYPE A-2 の後継ジャケットとなったのがナイロン製で作られた TYPE L-2 フライトジャケットです。1945年に TYPE A-2 の後継として登場した TYPE L-2 フライトジャケット は、オリーブドラブカラー( OD )に染め上げられた初のナイロン生地を使用した当時としては革新的なフライトジャケットの登場でした、ちなみに、ナイロン生地は 1935年にアメリカの『デュポン社』のウォーレス・カローザス博士のチームによって開発された初の完全な人工合成繊維です、このナイロン生地をメインの素材として採用した初のフライトジャケットが、ライドゾーン用( 10℃~30℃ )の TYPE L-2 フライトジャケットと、若干時期が遅れる事完成したインターミディエイトゾーン用( -10℃~10℃ )の TYPE B-15B フライトジャケットです。1947年、陸軍航空軍が陸軍より完全に独立をして米国空軍となった事で、1952年には TYPE L-2 フライトジャケットのスペックをそののまま引き継ぎ米空軍のニューカラーのエアフォースブルーの TYPE L-2A が登場しました。その後、エアフォースブルーの視認性の問題などから、TYPE L-2A フライトジャケットの基本フォルムを受け継いだ米空軍のニューカラーのセージグリーンの TYPE L-2B フライトジャケットが登場するが、TYPE L-2B フライトジャケットは約 11回に及ぶ細かいスペック変更を受けています(米軍の仕様規定ミルスペックの変更は MIL-J-7448 から MIL-J-7488J まで存在します。)1978年、耐熱アラミド繊維(アロマティックポリアミド、商品名ノーメックス)を使用した TYPE CWU-36P の登場により、TYPE L-2 シリーズはその使命を終える事になりました。

今回のアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケットです!!TYPE L-2 シリーズの中でも非常に数の少ない 1st タイプフライトジャケットです!!オキシデントタブはレザー製でキレイに残っています!!エアフォースマークも残っています!!メインジッパーは当時『 TALON 』社製の物に変更されています!!シガレットポケットのジッパーは『 CROWN 』社製のスプリングジッパーを使用しています!!両肩にはエポレットが付きます!!裾部分のストームフラップは『 TYPE L-2 』特徴的なポイントです!!この TYPE L-2 フライトジャケットは U.S. AIR FORCE 初のナイロン製フライトジャケットとして登場したモデルです!!

U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケット

年代: 1950'S SIZE: SMALL

¥699000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2017/10/16(月) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE B-11 ジャケット(エアフォースマーク・アルパカライナー)!!

今回紹介するアイテムは 1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE B-11 ジャケットです!!エアフォースマークがキレイに残っています!!是非チェックして見て下さい。

B-11FJ-01.jpg

B-11FJ-015.jpg

B-11FJ-02.jpg

B-11FJ-03.jpg

B-11FJ-04.jpg

B-11FJ-05.jpg

B-11FJ-06.jpg

B-11FJ-013.jpg

B-11FJ-014.jpg

B-11FJ-08.jpg

B-11FJ-09.jpg

B-11FJ-010.jpg

B-11FJ-011.jpg

B-11FJ-012.jpg

B-11FJ-07.jpg

BB11-2.jpg

B-11FJ-01.jpg

TYPE B-11 ジャケットは TYPE B-9 ジャケットと同時期に採用されました。コットンの外部シェルを持ちライニングにはアルパカの生地を使用しています。 TYPE B-11 ジャケットは第二次世界大戦中に米陸軍航空隊が使用した中で最も高い防寒能力発揮したジャケットの 1 つです、電熱飛行服との組み合わせや TYPE B-10 やTYPE B-15 や TYPE A-2 など他のフライトジャケットの上から重ね着をしている姿を当時の写真などで見ることが出来ます。TYPE B-11 ジャケットの機能と外観はその後の TYPE N-3 シリーズに受け継がれる事になります。TYPE B-11 ジャケットはヘビーゾーンからベリーヘビーゾーンの気温域に対応する為の防寒ジャケットとして 1943年 7月 22日に採用されました。

今回のアイテムは 1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE B-11 ジャケットです!!最大の特徴のアルパカのライニングやフード内のリアルムートンなどは全くのダメージは無くとてもキレイな状態です!!チンストラップのボアも健在です!!ジッパーは『 CONMAR 』社製コの字留めの物を使用しています!!ジャケット本体は『 METRO SPORTSWEAR INC.NY. 』社製です!!左肩にはエアフォースマークもキレイに入ります!!ボタンを開けると前立にもエアフォースマークがステンシルで入ります!!フードの裏側にはサイズ調節のストラップも付きます!!このストラップはこの後 TYPE N-3 シリーズにも引き継がれます!!両袖口にはサイズ調節のストラップが付きます!!全体的に見てとてもキレイな TYPE B-11 ジャケットです!!

ARMY AIR FORCE TYPE B-11フライトジャケット

年代: 1940'S  SIZE: 40

SOLD OUT!!

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー)
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2017/10/15(日) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE B-15 フライトジャケット(リードプロダクツ・エアフォースマーク)!!

本日紹介するアイテムは 1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE B-15 フライトジャケットです!!非常に珍しいシェルを使った TYPE B-15 フライトジャケットです!!是非チェックして見て下さい。

P5090002.jpg

P5090005.jpg

P5090012.jpg

P5090016.jpg

P5090018.jpg

P5090020.jpg

P5090023.jpg

P5090029.jpg

P5090026.jpg

P5090033.jpg

P5090005.jpg

P5090002.jpg

1944年 4月初じめてのコットン製フライトジャケット TYPE B-10 の登場でコットン製フライトジャケットの歴史は幕を開けました、しかし僅か 9ヶ月余りの短命でした。その後 TYPE B-15 に姿をかえて登場になります、しかし、この TYPE B-15 の採用期間もわずか 7ヶ月と更に短命でした。1944年 11月には TYPE B-15A へと進化して登場します、その TYPE B-15A も採用期間はわずか 10ヶ月と短命でした、コットンシェルを使ったインターメディエイトゾーン用のフライトジャケットの歴史はここで終了する事になります。米国デュポン社の開発した『ナイロン』生地を採用したライトゾーン用フライトジャケット TYPE L-2 の登場から遅れること 3ヶ月後の 1945年 8月に陸軍航空隊史上初のナイロン製インターミディエイトゾーン( -10℃ ~ +10℃ )用フライトジャケット TYPE B-15B が誕生しました。1951年には、1947年に陸軍航空軍より独立して新たな米国空軍が新たに誕生します、この時新しい空軍のシンボルカラーの『エアフォースブルー』に仕上がった TYPE B-15C が登場します、時代はジェット戦闘機への時代に突入と朝鮮戦争という背景のもと、活躍する事になりました。1953年、新たな米空軍のシンボルカラーの『セージグリーン』を纏い、TYPE B-15 シリーズの最終形となる TYPE B-15D が登場しました、TYPE B-15D は、ディテールなどは TYPE B-15C からほぼ変更が無くそのスタイルを受け継ぎました。

今回のアイテムは 1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE B-15 フライトジャケットです!!通常はOD(オリーブドラブ)のコットン製シェルですがコレは非常に珍しいコットン×ナイロン生地です!!このシェルを使った TYPE B-15 は本当に数が少ないです!!ライナーはアルパカの生地を使用しています!!左肩にエアフォースマークが付きます!!ジャケット内側には白色でエアフォースマークが付きます!!ジッパー『 TALON 』社製のコの字留めの物を使用しています!!ペンポケットはシンプルな 2 連の物が付きます!!チンストラップのボアもキレイに残っています!!製作はフライトジャケットでは有名な『 REED PRODUCTS 』社製です!!

ARMY AIR FORCE TYPE B-15 フライトジャケット

年代: 1940'S SIZE: 38 REGULAR

HOLD!!

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー)
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2017/10/14(土) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2056)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード