FC2ブログ

東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1940'S HAWAIIAN SHIRTS!!

今回紹介するアイテムは 珍しい柄のハワイアンシャツです!!ハワイアンシャツと言うと動物柄・花柄・ジャパニーズ柄・パイナップル柄などが代表的ですが、このハワイアンシャツの柄は本当に貴重ですよ!!シッカリと見てくださいね

1940USARMYHBTHAWIIAN 004

1940USARMYHBTHAWIIAN 008

1940USARMYHBTHAWIIAN 005

1940USARMYHBTHAWIIAN 007

1940USARMYHBTHAWIIAN 006

アロハシャツ (Aloha shirt) とは、パイナップルやフラガールなどのトロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフ(通称:和柄と呼びます)を華やかでカラフルな色彩で染め上げた、シルクやレーヨン、ポリエステル、綿などの生地を用いて作られる開襟シャツの事です

『アロハシャツ』の呼称が商標登録されていたために、一般名詞として『ハワイアンシャツ』と呼ぶことも有ります、1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイのお土産として作られるようになりました、"Aloha (アロハ)" とは(ハワイ語:好意、愛情、慈悲、優しい気持ち、思いやり、挨拶などの意味が有ります)

アロハシャツの起源については諸説有ります、19世紀終盤〜20世紀初頭、農業に従事していた日本移民は、『パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた上着)』と云う開襟シャツが日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用していたが、持参品であった着物の再利用の際に、パラカに仕立てたのが起源ではないかと云われています

また、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が『着物をシャツにして下さい』と頼んだことが起源という説も浮上しています

『1930年代初頭には、アロハシャツとは(派手な和柄の開襟シャツ)を意味していた』、『アロハシャツ』という呼称は、1935年 6月 28日ホノルルの服飾店『ムサシヤ』が 1904年最初の官約移民のひとりである、宮本長太郎(東京出身)により創業、日本の反物を使ってシャツを作っていた、またエラリー・J・チャンという中国系商人が、1936年に『アロハスポーツウェア』、翌1937年に『アロハシャツ』の商標登録を申請して、20年間の独占利用を認められています

当初はシルクが多く、1950年代まではレーヨンが主流であったが、1960年代に入ってポリエステルが登場して、シルクやレーヨンに取って代わる事になります、当時はハワイにアロハシャツに用いられるような精緻でカラフルな生地を染める事ができるような染織工場が無かったので、ほとんどの生地はアメリカ本土あるいは日本から輸入していました、特に日本には京都を中心に高度な技術を持った染工所が数多く集積していた為、安価で品質の良い生地を小ロットで大量に供給することが出来たので戦前(第二次世界大戦)、戦後を通して、多くのアロハシャツの生地が日本で作られました、1950年頃にはアロハシャツ生産を主体とするアパレル産業が、砂糖、パイナップルに次いでハワイにおける 3番目の産業となり、アロハシャツの黄金時代を迎えます、1940年代中頃からは産業としての発展を背景にして、1947年に始まる『アロハウィーク』・1948年の『アロハウェンズデー』・1956年に始まる『アロハフライデー』などの官、民によるさまざまな利用促進キャンペーンが試みらました

アロハウィーク:ハワイの伝統的なお祭りを拡大したイベントです、アロハウィークの期間中はさまざまな職場でアロハシャツで働くことが認められていました

アロハウェンズデー:シャツメーカーや小売店によるキャンペーンです、水曜日にはアロハシャツを着て働くことが奨励されたのです

アロハフライデー:ハワイアンファッション組合の提唱によるキャンペーンです、現在でもカジュアルウェアデーとして長く継承されています

1960年代には洗濯が簡単で丈夫なポリエステルの登場なども更なる追い風になりました、さまざまな生活シーンにおけるアロハシャツ着用が加速しました、それにともない伝統的な開襟シャツ以外にもプルオーバーのものやボタンダウンのものなども作られるようになりました、生地を裏返しに縫製した木綿のアロハシャツなどもこの頃に登場しています

今回のアイテムはまさにハワイアンシャツの黄金期に生み出されたモノです!!鷹・鯉・虎などの動物のパターンは本当に良く目にしますがコレは犬柄ですしかも勇ましいのではなく可愛らしいテリア柄です色々なハワイアンシャツの中でも特殊な柄ですね、ボタンはシェルボタンを使用しています、左右の胸ポケットにはフラップが付きます、襟はロングポイントで開襟のハワイアンシャツの王道スタイルです、シャツ本体のカラーリングもグリーンと珍しい色を使用してますね

HAWAIIAN SHIRTS

年代: 1940'S SIZE: MEDIUM

¥49245(税込)

通信販売も出来ますよ!!

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー)〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 (03-5722-0156)
スポンサーサイト



  1. 2010/08/02(月) 13:13:19|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/762-192c6ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2075)
その他 (5)
未分類 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード