FC2ブログ

東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

THE TRIUMPH!!

今回紹介するアイテムは英国の代表的なバイク TRIUMPH のベルトバックルです!!たまには T-シャツをパンツインさせてこのバックルを見せて歩くのも悪くないですよ!!シッカリと見てくださいね

PT91 003

PT91 001

PT91 002

トライアンフ(Triumph )は、イギリスを拠点とするオートバイ製造販売会社、及びそのブランドである、現存する最古のオートバイ製造販売会社のひとつであるが、その社名や経営母体は幾度もの変遷を経ている、現在の会社名は『トライアンフ・モーターサイクル(Triumph Motorcycles Ltd )』ですが『トライアンフ・エンジニアリング』などについても軽く説明します、ニュルベルグ出身のユダヤ系ドイツ人であったシーグフリード・ベットマン(Siegfried Bettmann )が、イギリスのロンドンで1885年に設立した輸入貿易会社『ジークフリード・ベットマン貿易会社(Siegfried Bettmann & Co. Import-Export Agency )』がトライアンフの母体である、会社設立から暫くして、当時普及しはじめていた自転車を扱うようになります、当初は別の製造会社から仕入れた完成車を違う名称で販売していたが、新たな商標名として『トライアンフ』を考案して、売上げを伸ばすようになります、やがて販売だけでなく自転車そのものの製造を計画したベットマンは1887年にコヴェントリーに移って『トライアンフ・サイクル」(Triumph Cycle Co.Ltd )』を設立しました、自社生産の自転車を販売する会社となりました、やがて19世紀末頃になると新種の乗り物としてオートバイが登場します、トライアンフも自転車に代わる新たな乗り物として注目します、そして1902年には、他社製エンジンを自社製フレームに搭載した『オートバイナンバー1』を生産します、やがて1905年にはエンジンも含めたほぼ完全な自社生産車が登場、1906年には社名も『トライアンフ・エンジニアリング(Triumph Engineering Co.Ltd )』となった、トライアンフの生産したオートバイはやがて1907年からはじまった『マン島TTレース』で活躍、その完走率の高さで高い信頼性を見せ、高品質かつ比較的安価であるという評価を獲得します、その後1914年からはじまった第一次世界大戦では、3万台以上の『モデルH』がイギリスおよび連合軍の軍用車として使用されました、その頑丈さと走破性から高い評価を受けました、だが第一次世界大戦終結後は人員不足から新規車種の開発が遅れ、他社との競争で不利を強いられて業績が低迷する。低迷打破のために当時著名なエンジン技術者であったハリー・リカルド(Harry Ricardo )によるOHV4バルブエンジンを搭載した高性能車『モデルR』が1921年に投入されるが、生産コストがかかり高価格にならざるを得ないこの車種は販売が振るわず、1923年の超低価格車『モデルP』の登場と成功までは低迷気が続くことになりました、その後、オートバイ専門となったトライアンフは社名を再び『トライアンフ・エンジニアリング』とし、元アリエル開発者のエドワード・ターナー(Edward Turner )を新たな主任技師としてトライアンフを立て直していく事になります、トライアンフ再建はペイジの開発した車種を基に改良することからはじまった。第一歩は単気筒のタイガー系列からだったが、1938年に登場したスピードツインが再建への節目となった、この車種は当時並列2気筒というだけで珍しかったが、単気筒が全盛だった時代に単気筒車種よりもわずかに軽量で最高速も優るという性能で、車両価格は単気筒よりわずかに高いだけという設定が驚異的であり、スピードツインは大いに売れてトライアンフの財政を一気に好転させる一因となったのです、更に翌1939年にはスピードツインの高性能版として『タイガー100』が登場、最高速度160km/hで人気を不動のモノとした、1939年に第二次世界大戦がはじまると、先の大戦時のように、トライアンフは軍用車の生産に追われるようになる、だが、トライアンフを含めて軍需兵器の一大生産地となっていたコヴェントリーはドイツ軍の空襲を受け、トライアンフの工場も爆撃を受けて壊滅してしまう、仮工場で生産が再開されたが、一方で新たな生産拠点としてメリデン(Meriden )に新工場が建設され、1942年には新工場で生産が開始された、なお、トライアンフが第二次大戦中に生産した軍用車は、最終的に約5万台にもなったというからオドロキです!!第二次世界大戦が終結すると、トライアンフは一般車の生産を再開する、戦後最初のラインナップは戦前に生産していた車種の改良版であったが、1949年までにはトライアンフ初のオフロードタイプとなる『TR5トロフィー』や、スピードツインの『6Tサンダーバード』といった新車種が追加される。これらの車種は当時開拓されはじめたばかりのアメリカ市場にて、ハーレー等の重厚なオートバイとは違った、軽量で高性能なオートバイとして人気を博していく、そしてアメリカ市場での成功によりトライアンフは更なる新規車種『T120ボンネビル』等を発売、メリデン時代トライアンフの黄金期を迎える

今回のアイテムはこの黄金期にトライアンフのガソリンタンクの左右に付いていたトライアンフのエンブレムそのままの形をベルトのバックルにしたモノです!!重厚感と洗練された形そしてトライアンフのロゴマークが最高のバックルです、目を引くのはホワイト×グリーンのカラーリングですバイクと言う武骨な中で爽やかさを引き出していますね

TRIUMPH ベルトバックル

SIZE: ベルトの長さ32インチ(約80cm)
※ベルトは交換が出来るようになっています!!

¥16695(税込) SOLD OUT ありがとうございます!!

通信販売出来ますので宜しくお願いします!!

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー)〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 (03-5722-0156)
スポンサーサイト



  1. 2010/02/17(水) 16:21:56|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/434-8712f120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2075)
その他 (5)
未分類 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード