東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1970年代 U.S. NAVY TYPE Wep フライトジャケット(クルセイダー・ネームパッチ)!!

本日紹介するアイテムです 1970年代 U.S. NAVY TYPE Wep (ウェップ)フライトジャケット です!! スコードロンパッチやネームパッチが付く非常に珍しいフライトジャケットです!!是非チェックして見て下さい。

20170218-1

20170218-2

20170218-3

20170218-4

20170218-5

20170218-6

20170218-7

20170218-8

20170218-9

20170218-10

20170218-11

20170218-12

20170218-2

20170218-1

F-8 は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、チャンス・ヴォート(現ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ)社が開発しました。アメリカ海軍とアメリカ海兵隊を中心にフランス海軍とフィリピン空軍で使用された艦上戦闘機です。愛称はクルセイダー(Crusader、十字軍の戦士)です。開発当初の機種名は F8U ですが、1962年の機種名整理で命名規則が変更された為、F-8 となりました。部隊配備は1958年 3月から開始されました。その後、F-8 はベトナム戦争に投入されました。アメリカ海軍は他に最新の F-4 ファントムII を投入していたが、ミサイル万能論の影響で航空機関砲を搭載せず空対空ミサイルのみに頼り、爆撃能力を重視し機動性をある程度犠牲にしていたのです。こうした中、軽快な運動性と 4 門の 20mm 機関砲を搭載していたF-8は「最後のガンファイター」と呼ばれ、多数のMiG-17等の敵機を撃墜し、一時期はF-4の撃墜数を上回ったこともあった。そのことから『ミグ・マスター』とも呼ばれていました。ただし、機銃のみによる撃墜は有りませんでした( 2 機をミサイル、ロケット弾との併用して撃墜。なお、F-8 に搭載されたコルト Mk.12 は信頼性に乏しかったとも言われています。)ベトナム戦争全体を通し、アメリカ空海軍海兵隊機種で最高のキルレシオ(撃墜対被撃墜比率)、8:1 を持ちます。また撃墜数は F-4 の半分( 18 機)であったものの、作戦および空中戦への延べ参加機数は遥かに少なかった事からすると、大変効果的に敵戦闘機を抑える事が出来たと見る事が出来ます。ただし本機が F-4 と共に1960年代のアメリカ海軍の主力だったのは、本機が、第二次世界大戦当時から使い続けられていたエセックス級航空母艦において運用可能( F-4 は運用不可能)で有ったとも言われている。エセックス級空母が早い段階で退役していたら、本機も早々に退役していたものと想像される。ベトナム戦争の終結後、エセックス級空母の退役により戦闘機型の F-8 は1976年までに現役を退いたが、偵察型の RF-8G については、RA-5C の退役後から F-14 偵察兼務型の配備までのつなぎ役としてその後も長期間配備されました。アメリカ海軍から最後の機体が退役したのは1987年でした。最後まで F-8 を第一線に配備し使用していたフランス海軍のクレマンソー級航空母艦に搭載されていた機体も、1997年の『クレマンソー』退役、2000年の『フォッシュ』退役(ブラジル海軍に売却)に伴い退役しました。他国では、フィリピン空軍がアメリカ海軍からの退役機体を修繕して用いていました。防空任務の他に、機銃・通常爆弾・ロケット弾による対地攻撃にも従事していました。しかし、エドゥサ革命の混乱にともなう禁輸措置やスペアパーツ不足(晩年はチャンス・ヴォート社の在庫自体が底をついていたのです。革命後、同社による現地でのオーバーホールにおいては現地で調達したベニヤ板とアルミ箔を用いて木製の部品を作り、損耗した金属製の純正部品の代用とするなど苦肉の策が取られていました。)、資金不足がたたって稼働率は次第に低下していきました。1991年のピナトゥボ山噴火によりダメージを受けたのを事で機体は廃棄されました。これ以降、フィリピン空軍は超音速戦闘機が不在の状況が続きました。2014年の FA-50 の採用決定によって、ようやく解消される見通しが立ったのです。

今回のアイテムは 1970年代 U.S. NAVY TYPE Wep (ウェップ)フライトジャケットです!!今回のアイテムは左胸のネームパッチが付きます!!右胸にはスコードロンパッチが付きます!!左肩には搭乗機のクルセイダーのパッチが付きます!!左肩のポケットのフラップには非常に珍しいクルセイダーの機体のパッチが付きます!!ジッパーは『 SCOVILL 』社製と『 GRIPPER 』社製のダブルネームのジッパーが使用されています!!フロントポケット・左肩のポケットはスナップボタンで留めるタイプです!!襟はデッキジャケットの様にスタンドカラ―です!!そしてチンストラップが付きます!!前立てが U.S. AIR FORCE TYPE MA-1 フライトジャケット などと比べると逆の左側に付くのが特徴的です!!『 TYPE Wep (ウェップ)』とは通称の名前です『 JACKET WINTER FLYING 』や『 JACKET WINTER FLYING SUIT 』と表記されます!!Wep の名前は『 Bureau of Naval Weapons 』から取られています!!

U.S. NAVY TYPE Wep フライトジャケット

年代: 1970'S SIZE: 44-L

¥199000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
スポンサーサイト
  1. 2017/08/26(土) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/2609-361a7d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2056)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード