東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1930年代 レタードセーター ハーフジップタイプ( 1938 パッチ付き・ TALON ジッパーコの字留め)!!

本日紹介するアイテムは 1930年代のレタードセーターです!!レタードセーターでハーフジップは非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして下さい。

P4250004.jpg

P4250007.jpg

P4250010.jpg

P4250012.jpg

P4250016.jpg

P4250018.jpg

P4250021.jpg

P4250007.jpg

P4250004.jpg

11世紀、ノルマン人が地中海シチリアに進出した際、ノルマン人はイスラム世界の手芸技術を学び、イギリス海峡に位置するガーンジー島、ジャージー島に伝えました。イギリスでは、この 2つの島がセーターの起源の地とされています。セーターはイスラムの手芸技術が基礎になっています。セーターという名前は、英語の『 sweat (汗をかく)』に由来します。1891年にアイビーリーグのフットボール選手がトレーニングする際、汗をかいて減量するために編物の上着をユニフォームとして用いたのが元とされています。その他のスポーツでも着用される様になって一般化していったのです。ここで言うセーターは、今でいうジャージやスウェットシャツの意味合いが強いです。これ以前にも、セーターの形状をした衣類は、漁師の作業着などに使われる丈夫な物として存在していましたが、『セーター』という名前で認知される様になったのは、この頃からです。以後、セーターの特徴である伸縮性と着易さ、機械の導入によって、日常的な普段着として普及して行きました。防寒として冬に着ることの多かったセーターでしたが、夏にも着られるコットン製のサマーセーターが作られることで、一年を通して着られる様になったのです。

今回のアイテムは 1930年代のレタードセーターです!!レタードセーターでは非常に珍しいハーフジップタイプです!!ジッパーは『 TALON 』社製のコの字留めの物を使用しています!!胸には『 1938 』のパッチが付きます!!肩はセットインスリーブになっています!!首のリブニットと袖のリブニットは一緒の編み方です!!腹のリブニットだけは針抜きのリブニットになっています!!リブニットによって編み方が違うのは非常に特徴的です!!

レタードセーター ハーフジップタイプ

年代: 1930'S  SIZE: SMALL

¥129000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing(Cider)サイダー
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
スポンサーサイト
  1. 2016/09/10(土) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/2367-c3555f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:毎週月曜日

03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2036)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード