東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1930年代 ARMY AIR FORCE TYPE A-1 ウールジャケット(ショールカラー・ボタンタイプ)!!

本日紹介するアイテムは 1930年代 ARMY AIR FORCE TYPE A-1 ウールジャケットです!!独特のスタイルを持った TYPE A-1 ウールジャケットです!!是非チェックして見て下さいね。

P4130002.jpg

P4130007.jpg

P4130010.jpg

P4130015.jpg

P4130012.jpg

P4130018.jpg

P4130026.jpg

P4130027.jpg

P4130007.jpg

P4130002.jpg

夏期用のフライトジャケットですが、その開発は冬期用に比べると遅れたものとなっていました。これは夏期にはオーバーオール式のフライングスーツを着用するのが一般的だった為です。前述した第一次大戦当時のレザー・コートは夏期用のフライトジャケットに相当するアイテムでしたが、1920年代に廃止になりました、ただし、夏期用フライトジャケットが完全に廃止されたわけではなく、その研究開発は 1923年に始まっています。夏期用フライトジャケットが登場するのは 1927年です、TYPE A-1 サマーフライングジャケットがその最初の物となります。

この TYPE A-1 ジャケットはオリーブグリーンに染められた革で作られ、内張りには着用時の『滑り』を良くする為にコットン・サテン生地が使用されました。TYPE A-1 ジャケットは襟と袖口にニットリブを使用して、体にフィットするデザインなどコクピット内部での動きやすさを考慮した物となっていました。TYPE A-1 ジャケットの正面がボタンになっているのは採用当時にファスナーが一般的ではなかった(発明されたのは1891年です。)のが理由と言われています。TYPE A-1 ジャケットの後継モデルである TYPE A-2 ジャケットの採用が 1930年と比較的近い時期に生産が開始されているのは、ファスナーが大きく関係しています。1930年代末までにアメリカ陸軍航空隊はその基本となるフライトジャケットを完成させて、アメリカ陸軍航空軍として第二次世界大戦へと突入していく事になります。


今回のアイテムは 1930年代 ARMY AIR FORCE TYPE A-1 ウールジャケットです!!フロントボタンタイプのウールジャケットです!!襟はショールカラーになっています。TYPE A-2 と同様にフロントに 2つのパッチポケットが付く作りです!!ポケットもボタンタイプでフラップ式で開閉します!!特徴的なのは裾のリブです!!他のフライトジャケットでは見る事の無いタイプのリブニットを使用しています!!袖のリブは 2段織りになっています!!

※経年変化により全体に若干のスレや汚れやダメージ・リペアが有りますので御注意下さい。


ARMY AIR FORCE TYPE A-1 ウールジャケット

年代: 1940'S SIZE: LARGE

SOLD OUT!!

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
スポンサーサイト
  1. 2014/12/02(火) 12:42:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/2359-968f4487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:毎週月曜日

03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2055)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード