東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1930年代 スモーキング ジャケット(ショールカラー)!!

今回紹介するアイテムは 1930年代スモーキングジャケットです!!ショールカラーの落ち着きの有る 1着です!!バッチリと見て下さい!!

SDN-02.jpg

SDN-01.jpg

SMJ-03.jpg

SMJ-05.jpg

SMJ-08.jpg

SMJ-09.jpg

SMJ-06.jpg

SMJ-07.jpg

SMJ-04.jpg

SDN-02.jpg

タキシードが生まれたエピソードは知っていますか?タキシードという名前の由来は、実はイギリスではなくアメリカが発祥です、テイルコートのように形から生まれた名前とも違い、モーニングコートの様にその着用のルールから付いた名前とも違うのがこのタキシードという名前です

そんなタキシードの由来には、タバコと、そして流行したのにはパーティーでの出来事が関係しています、元々男性の夜の礼装といえば、テイルコート(燕尾服、またはイブニングテイルズ)です、テイルコートとは上着の後ろが長いタイプです、鳥の燕(つばめ)の尻尾に似ていることから燕尾服(えんびふく)という名前が付いています

1800年代後半になると、夜に部屋でタバコを吸いながらくつろぎやすくするために、燕尾服の裾を短くカットした服が流行りました、これがスモーキングジャケットと呼ばれます、現在のタキシードの原点です、(この裁断がスーツを生んだとも有名です。)

スモーキングジャケットがなぜタキシードと呼ばれるようになったか、1800年代後半に開催された有る別荘地のオープニングパーティーでの出来事です、そのオープンした別荘地というのは、19世紀アメリカの煙草王といわれているロリラード家の開発した富裕層向けの別荘地でした、一帯をタキシードパークと呼びます

華々しくタキシードパークのパーティーが幕を開けました、そこに主催者の一人の御曹司で有るグリズウォルド・ロリラード氏が、赤いスモーキングジャケット姿で登場したのです、燕尾服しかなかったこの時代のアメリカではスモーキングジャケットは一瞬で注目の的となりました

それからスモーキージャケットはタキシードパークの名を取ってタキシードと呼ばれ、そのスタイルが定着していって行きました


今回のアイテムは 1930年代スモーキングジャケットです!!とても凝った作りになっています、織り目の質感やチェック生地の魅せ方は非常に良い感覚です、ショールカラーとポケットのディティールが絶妙なデザイン性を持っています、大胆な趣向を凝らしている訳ではないのですが目を引くジャケットに仕上がっていて他のスモーキングジャケットと比べても優れたセンスを感じます、立体的なシルエットは大変美しく上品です、着丈の長さも絶妙に計算されています!!

スモーキング ジャケット

年代: 1930'S SIZE: MEDIUM

¥37695(税込)

通信販売も出来ます!!

オンラインショップはこちらです!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー)  〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 (03-5722-0156)
スポンサーサイト
  1. 2012/01/15(日) 13:12:36|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/1812-992a1621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2058)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード