FC2ブログ

東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1950'S U.S. AIR BORNE FIELD CAP!!

今回紹介するアイテムは 1950年代 U.S. AIR BORNE M-1951 コットンフィールドキャップです!!朝鮮戦争時代のフィールドキャップです!!ガッチリと見て下さい

00 111

00 112

00 113

00 114

00 116

00 122

00 117

00 118

00 119

00 120

エアボーン(英語表記: Airborne )は、兵員を高速で長距離移動させたり、敵の背後に部隊を展開させることを目的として、飛行中の輸送機から兵員が落下傘降下する事です

空中挺進(くうちゅうていしん)又は、空輸挺進(くうゆていしん)を略して空挺(くうてい)と言います、自衛隊では空挺と言う語をそのまま用いています、挺進を挺身と書く場合が有りますが、挺身には『身を捨てる』という意味が有り、危険を顧みず自身の身を捨てて敵陣中に降下する姿を形容した語です、グライダーを利用することも有ります

航空機により部隊を高速移動させるという構想は、ある程度現実的なものとしては 1910年代から存在していました、パラシュートは飛行機からの脱出方法として実用化されていました

これを兵員輸送手段としても利用することが考えられました、例えば、第一次世界大戦中の1917年には、イギリスのウィンストン・チャーチルが、塹壕戦の膠着状態を打開する手段として、敵陣後方へのパラシュート降下の研究を指示していたのです

実戦でパラシュート降下による兵員輸送が最初に実施されたのは、1916年 10月のことです、ドイツ軍の中尉と特務曹長がパラシュートを使い、鉄道破壊の任務で潜入作戦を成功しました

より明確な戦略的意義を帯びたものとしては、フランスのエブラール空軍少佐が部下 1名とともに行った空挺侵入と、物資の空中投下による継続的な後方撹乱作戦が挙げられています

第一次世界大戦末期には、アメリカ陸軍航空隊のルイス・ブレリートン( en )少佐とウィリアム・ミッチェル准将らが、第 1歩兵師団の一部をメスの敵陣後方へとパラシュート降下させる計画を提案しました、ミッチェルらは 1919年 2月の実行を計画したが、そのような投機的な作戦を実施する必要がある戦況ではなくなり、中止になりました

本格的な空挺部隊を最初に編成したのは、ソ連軍です、ソ連は、1927年の冬季大演習で 8人の工兵を空挺降下させ、その破壊工作が成功と判定されたことをきっかけに本格的なエアボーンの研究を始めました

ソ連は、全土にパラシュートクラブを創設してパラシュート熟練者を集め、有事の空挺兵資源の養成を図りました、

1931年に現在のロシア空挺軍の起源となる最初の空挺部隊を創設したのです、空挺戦車などの研究も行っています、1935年 9月にはキエフで数百人規模の空挺部隊の降下演習を行い、翌年にはミンスク付近で火砲 18門や自動車を伴う 1200人による空挺演習を成功させました

この演習は、アーチボルド・ウェーヴェル( en )ら各国の駐在武官も見学しており、驚く者が多かったが、実際に空挺部隊の創設に動き出した国は一部でした

ドイツ軍がエアボーンの研究を本格的に始めたのは、1936年でした、ドイツはソ連と異なり、秘密裏に研究を進めたのです

第二次大戦においてはパラシュート降下のほか、グライダーによる強行着陸によるエアボーンが行われました、当時はヘリコプターは開発されたばかりで輸送能力が低すぎるため使えなかったのです

大戦中の 1940年 4月、ドイツ軍がデンマーク占領のためにオールボグルへ降下したのが最初の空挺作戦です、同年 5月、ベルギーのエバン・エマール要塞攻略の際にも空挺部隊が用いられ、ドイツ軍はグライダーで要塞上に降下しました

ドイツ軍空挺部隊は 1941年に行われたクレタ島の戦いにおいて島を占領する戦果を挙げたが、兵士と輸送機の損害が非常に大きかったため、これ以降は大規模な空挺作戦は行われませんでした、しかし、初期のドイツ軍エアボーン作戦の成功は、各国に衝撃を与えました

旧日本軍によるものでは、1942年(昭和 17年)1月から 2月にかけての海軍空挺部隊によるセレベス島メナド飛行場や西チモールのクーパンに対する降下作戦、陸軍挺進連隊によるパレンバンなどへの降下作戦が有ります、油田施設やオランダ軍の飛行場を瞬く間に制圧して、作戦に参加した兵員は後に『空の神兵』と呼ばれました

第二次世界大戦後半には、連合国側がクレタ島の戦いのドイツ軍を評価して空挺師団を整備運用して、1943年のシチリア島上陸作戦のほか、ノルマンディー上陸作戦、マーケット・ガーデン作戦で用いています、特に、マーケット・ガーデン作戦は 3個師団半が空挺降下するという大規模な作戦でした、このほか、空挺部隊生みの親であるソ連軍もキエフ奪回作戦時に空挺降下を行っています

イギリス軍はビルマの戦いで、ウィンゲートがグライダーを使って後方への侵入を度々行ったのです、ここではグライダーによる降下だけでなく回収までもが行われました

なお、きわめて特異なエアボーンの例として、1942年 2月末にソ連軍が行ったパラシュート無しでの降下作戦が有ります、現在のカルーガ州ユーフノフ西方のドイツ軍補給路付近に、超低空飛行中の輸送機から約 1000名のソ連兵が飛び降りました、積雪による安全な着地を期待したもので有るが、約半数が負傷し、ドイツ軍の反撃も受けて失敗に終わったのです

その後の朝鮮戦争の粛川・順川の戦いや第一次インドシナ戦争のディエン・ビェン・フーの戦い、第二次中東戦争のポートサイドの戦いでも用いられています

しかし、その後は、ヘリコプターの性能が向上し、大規模なヘリボーンが可能となったため、投機性・危険性のあるパラシュート降下作戦の実施は減少したのです

ベトナム戦争では、偵察や秘密任務のために旧北ベトナムやラオス、カンボジアに向けて小規模な空挺作戦が行なわれたが、補助的なものであって大規模なものは行われなかった

それでも 1983年のグレナダ侵攻作戦ではアメリカ陸軍第 75レンジャー連隊がポイント・サリネスにパラシュート降下作戦を実施しました、1989年のパナマ侵攻作戦( Operation Just Cause )ではアメリカ第 82空挺師団 第 504パラシュート歩兵連隊を基幹とする第 82空挺師団第 1旅団がトリジョス国際空港において大規模なパラシュート降下作戦を実施した、この作戦の時は空挺戦車部隊、1個中隊( M551シェリダン空挺戦車 10輌装備)をパラシュート降下させています

アメリカのアフガニスタン侵攻において、アメリカのレンジャー部隊が半ば広報目的で夜間降下作戦を行っています、イラク戦争ではアメリカ第 173空挺旅団がイラク北部のハリル飛行場にパラシュート降下作戦を実施しているのです


今回のアイテムは 1950年代 U.S. AIR BORNE のフィールドキャップです!!フィールドジャケットと合わせて着用します、キャップのツバ部分全体にステッチが入ります、フロント部分にはパッチが付きます、階級章も付きます、階級は CAPTAIN 大尉です、内側には耳当ても付きます!!セントジェームスに合わせてかぶるとカッコイイですよ!!

U.S. AIR BORNE CAP.FIELD.COTTON.M-1951

年代: 1950'S SIZE: 7

¥20895(税込)

通信販売も出来ますよ!!

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 (03-5722-0156)
スポンサーサイト



  1. 2011/07/02(土) 13:00:00|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/1454-68ee91ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2075)
その他 (5)
未分類 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード