東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1960'S MENU HAWAIIAN SEIRT!!

今回紹介するアイテムは更にハワイアンシャツです!!1960年代の総柄のハワイアンシャツです、この柄を見てください豪快で一見メチャクチャな感じに見えますがちゃんとバランスが取れています、メニュー柄の様な感じです!!ガッチリと見てください

01 108

01 109

01 117

01 119

01 120

01 121

01 122

01 123

01 124

01 125

01 118

アロハシャツの呼称が商標登録されていたために、一般名詞として『ハワイアンシャツ』と呼ぶことも有ります

1930年代中頃からリゾート地として急速な発展を始めたハワイで、リゾートウェアあるいはハワイのお土産品として作られるようになりました

特徴としては、パイナップルやフラを踊る女性などのトロピカルなモチーフや、金魚、虎などのオリエンタルなモチーフを華やかでカラフルな色彩で染め上げた、シルクやレーヨン、ポリエステル、綿などの生地を用いて作られる開襟シャツです

その歴史については諸説有ります、19世紀終盤から 20世紀初頭、農業に従事していた日本移民は、『パラカ(ヨーロッパの船員たちが着ていた上着)』と言う開襟シャツが日本の木綿絣に似ていることから好んで愛用していました

持参品であった着物の生地を再利用の際に、パラカに仕立てた事が起源ではないかと言われています、また、日本の着物の美しさに惹かれた現地人が『着物をシャツにしてくれ』と頼んだことが最初という説も有ります

特に日本には京都を中心に高度な技術を持った染工所が数多く集積しているため、安価で品質の良い生地を小ないロット数で大量に供給することが出来たのです

第二次世界大戦の戦前と戦後には多くのアロハシャツの生地が日本で作られた輸出されアメリカ兵達にはお土産品として大変に好まれました


今回のアイテムは 1960年代ハワイアンシャツです!!総柄のハワイアンシャツです、メニュー柄の様なタイプの柄です、メニュー柄には大きく分けて 2系列有ります、フランク・マッキントッシュという画家の絵をモチーフにしたモノと、ユージン・サベージという画家の絵をモチーフにしたモノが有ります、着ても良いですし、飾っても良いですし、最高の 1枚です!!チノパンにサラリと合わせると良いですよ!!

HAWAIIAN SEIRT

年代: 1960'S SIZE: MEDIUM

¥13545(税込)

通信販売できますよ!!

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 (03-5722-0156)
スポンサーサイト
  1. 2011/06/23(木) 13:00:00|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://cider104.blog14.fc2.com/tb.php/1436-f3720b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2056)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード