FC2ブログ

東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1940年代 U.S. ARMY マウンテンジャケット (第10 山岳師団・山岳部隊専用ジャケット)!!

本日紹介するアイテムは 1940年代 U.S. ARMY マウンテンジャケットです!!U.S. ARMY の山岳部隊だけに特別に限定支給された非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

MU-1.jpg

MU-2.jpg

P8030010.jpg

P8030014.jpg

P8030016.jpg

P8030018.jpg

P8030022.jpg

P8030024.jpg

P8030028.jpg

P8030030.jpg

P8030033.jpg

P8030036.jpg

MU-2.jpg

MU-1.jpg

山岳部隊、ヨーロッパには多くの山脈が有ります。ヨーロッパの軍隊では山岳部隊の存在は特別な物では有りませんでした。

当初のアメリカ軍には山岳戦を想定した戦闘は存在しませんでした。

そんな中で第二次世界大戦が開戦されました。怒涛の勢いで進撃するドイツ軍に対してノルウエーやフィンランドの軍隊の目覚ましい活躍にアメリカ軍も本格的に訓練された部隊を山岳地域に派遣する事を決めました。

1941年の終わりには連隊規模で山岳部隊が編成されました。

1943年にはコロラド州で『第 10山岳師団』が正式に誕生しました。

初代山岳部隊の隊員は地元のロッキー山脈で活動する登山家・スキーヤーなどが主体になりました。

当初の計画では北欧のドイツ軍に対抗するために山岳部隊の派遣を検討していました。

ところが本格的に参戦を開始したアメリカ軍は、計画どうりに北欧に部隊を派遣する事無く、更に厳しい条件の北イタリアに山岳部隊を展開しました。

イタリアの山岳地帯はアメリカ軍の山岳部隊が活躍するには十分な天候や地形を備えていました。

アメリカ軍の山岳部隊には特別なデザインのジャケットとトラウザースが支給されました。その他、丈夫な靴底を持った山岳ブーツやアイスクレーパーと呼ばれる滑り止め・スノーシューズ・スキーなども装備されていました。

一般の戦闘時では空挺部隊に支給されるジャンプスーツを着用している山岳部隊の隊員も多かったと言う説も有ります。


今回のアイテムは 1940年代 U.S. ARMY マウンテンジャケットです!!
このジャケットは防寒用のライニングが有りません!!
ジャケットの下にセーターなどを重ねて着用する為の配慮です!!
外見の特徴はフラップの付いた大型のポケットです!!
胸のポケットはフラップの下にジッパーが付き容量の確保の為マチが付きます!!
フロントは 4つのボタンとジッパーで開閉が可能です!!
マウンテンジャケット最大の特徴は背中のカーゴポケットです!!
ポンチョなどの衣類を収納して手軽な状態で行動出来る様になっています!!
重量の有る物をカーゴポケットに収納すると重さでジャケット全体が後ろに下がり結果的に首回りが窮屈になる事を防ぐ為にジャケット内側にサスペンダーが取り付けられています!!
首の後ろ部分にはフードを収納できるポケットが付きます!!
このアイディアはその後の TYPE M-43 フィールドジャケットにも形を変えて引き継がれその後のフィールドジャケットに大きく影響を与えて発展して行きます!!


U.S. ARMY マウンテン ジャケット

年代: 1940'S SIZE: MIDIUM

¥299000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
スポンサーサイト



  1. 2021/02/27(土) 11:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15C フライトジャケット( OD オリーブドラブカラー・ レザーオキシデントタブ)!!

本日紹介するアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15C フライトジャケットです!!TYPE B-15C フライトジャケットの中でも OD オリーブドラブカラーモデルは非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

P4090003.jpg

P4090007.jpg

P4090010.jpg

P4090015.jpg

P4090018.jpg

P4090021.jpg

P4090022.jpg

P4090025.jpg

P4090029.jpg

P4090035.jpg

P4090007.jpg

P4090003.jpg

フライトジャケット TYPE B-15C は、陸軍航空軍から独立した組織となった米空軍( U.S. AIR FORCE )がそれまでの TYPE B-15B のスペックを改変して登場させました。

大きな改良点はまずジッパーの位置です。それまでの右寄り(オフセット)だったものを中央(センター)に移された事が非常に大きな改良点です。

また、酸素マスクのホース用の固定用ボックスタブ(オキシデントタブ)がレザー製からナイロン製に変更された事も大きな改良点の 1 つと言えます。

米空軍独立のカラーリングのエアフォースブルーのTYPE B-15C は、TYPE L-2A ・ TYPE N-2A ・ TYPE N-3A と同時期 1950年代初期に採用されたフライトジャケット達です。


今回のアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15C フライトジャケットです!!
通常の TYPE B-15C はエアフォースブルーのカラーリングですがこれは OD (オリーブドラブ)のカラーリングです!!
オキシデントタブは通常はナイロン製ですがこちらはレザー製の物が付きます!!
脇の下の通信用ボックスタブは変わらず付きます!!
メインジッパーは『 TALON 』社製のジッパーに変更されています!!
シガレットポケットは『 TALON 』社製のジッパーを使用しています(こちらは変更は有りません。)!!
チンストラップのムートンも完全な状態で残っています!!
この TYPE B-15C は主に U.S. ARMY のヘリコプター部隊や地上の輸送部隊などに支給されていたジャケットだと思われます!!生産数が極端に少ない為に現存する数も非常に少ない貴重なフライトジャケットです!!


U.S. AIR FORCE TYPE B-15C フライトジャケット OD オリーブドラブカラー

年代: 1950'S SIZE: MEDIUM

¥499000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2021/02/26(金) 11:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1960年代 U.S. NAVY TYPE A-2 デッキジャケット (初期型 1st タイプ・ジャングルクロス)!!

本日紹介するアイテムは 1960年代 U.S. NAVY TYPE A-2 デッキジャケットです!!TYPE A-2 の中でも初期型 1st タイプのジャングルクロスを使用したモデルは非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

20180901-1.jpg

20180901-2.jpg

20180901-3.jpg

20180901-4.jpg

20180901-5.jpg

20180901-6.jpg

20180901-7.jpg

20180901-8.jpg

20180901-9.jpg

20180901-10.jpg

20180901-2.jpg

20180901-1.jpg

U.S. NAVY TYPE A-2 デッキジャケットは甲板作業用ジャケットです。TYPE N-1 の後継モデルとして登場しました。

TYPE N-1 から TYPE A-2 へ後継モデルとしていくつかの変更点とプラスされたディテールが有ります。

まずシェルにはジャングルクロス生地からバックサテン生地に、ライナーはアルパカ生地からナイロンボア生地へと変更され胸にドットボタン式のポケットが追加されました。

フロントはボタンとジッパーで開閉する二重構造仕立てと袖口に内に付くリブニットなど基本的なディテールは TYPE N-1 から引き継がれています。


今回のアイテムは 1960年代 U.S. NAVY TYPE A-2 デッキジャケットです!!
初期型のジャングルクロス生地の希少なモデルです!!
カラーリングはTYPE N-1 デッキジャケットと同じカーキのカラーリングです!!
ポケットのフラップは TYPE A-2 デッキジャケット初期の特徴的とも言える鋭角な三角形をしています!!
フロントのボタンとジッパーの二重構造や袖の中のリブニットなどは TYPE N-1 デッキジャケットから引き継ぐ形となっています!!
ジッパーは『 CONMAR 』社製のジッパーを使用しています!!
TYPE A-2 デッキジャケットのカーキカラージャングルクロス生地タイプは初期型の中でも非常に貴重なアイテムです!!


U.S. NAVY TYPE A-2 デッキジャケット ジャングルクロス 初期型

年代: 1960'S SIZE: X-LARGE ( 46 ~ 48 )

¥169000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー)
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2021/02/25(木) 11:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1940年代 U.S. NAVY TYPE P-1941 HBT ヘリンボーンツイルジャケット初期型 1st モデル( MOD モディファイド・バックペイント)!!

営業再開 2日目の本日は 1940年代 U.S. NAVY TYPE P-1941 HBT (ヘリンボーンツイル)ジャケットです!!MOD モディファイドモデルのバック全体に爆撃機と爆弾がペイントされた非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

160410-1

160410-2

160410-3

160410-4

160410-5

160410-6

160410-7

160410-8

160410-9

160410-10

160410-11

160410-12

160410-2

160410-1

P-1941 ユーティリティーコート HBT (ヘリンボーンツイル)素材グリーンの色が特徴的です。

HBT の生地の織り方は、陸軍の物とは異なった織り方をしています。交互に織り込まれているのが特徴的です。まれに陸軍がこちらの HBT 生地を使用していたり、その逆も有りえます。

P-1941 ユーティリティーコートの形は胸に 1 つ前身頃に 2 つのパッチポケットが付きます。いずれもフラップが付きません。胸ポケットにはペンポケットが付きます。

袖はボタンが 1 つにボタンホールが 2 つ付きサイズ調節が可能です。フロントボタンは初期型はカッパー素材ですが後期型はラッカー黒塗りのタイプになります。

それ以外の違いは初期型の胸ポケットは丸みを帯びているのに対して後期型はスクエアなタイプになります。


今回のアイテムは1940年代 U.S. NAVY P-1941 HBT (ヘリンボーンツイル)ジャケットです!!
U.S.M.C. P-1941 HBT (ヘリンボーンツイル)ジャケットと同型の物です!!
ポケットを全て外した後に新たにポケットを新設したモディファイドモデルです!!
ボタンは星と月桂樹が入りブラックラッカー塗装のドーナツボタンを使用しています!!
左のポケットの上にはハングル文字でステンシルで入ります!!
右胸のポケットには『 U.S.N. 』の文字がステンシルで入ります!!
爆撃機のバックペイントが大きく入ります!!
TYPE A-2 や TYPE G-1 などレザーフライトジャケットにバックペイントが入る物は良く目にしますが HBT ヘリンボーンツイルなどコットンジャケットにこれだけ大きなバックペイントが入る物は非常に珍しいアイテムです!!


U.S. NAVY TYPE P-1941 HBT(ヘリンボーンツイル)ジャケット バックペイント

年代: 1940'S SIZE: 38 R

¥299000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2021/02/24(水) 11:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケット(初期型 1st モデル・レザー製オキシデントタブ)!!

本日紹介するアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケットです!!U.S. AIR FORCE 初のナイロン製フライトジャケットは非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

20170110-1

20170110-2

20170110-3

20170110-4

20170110-5

20170110-6

20170110-7

20170110-8

20170110-9

20170110-10

20170110-11

20170110-2

20170110-1

第二次世界大戦の主力フライトジャケット TYPE A-2 の後継ジャケットとなったのがナイロン製で作られた TYPE L-2 フライトジャケットです。

1945年に TYPE A-2 の後継として登場した TYPE L-2 フライトジャケット は、オリーブドラブカラー( OD )に染め上げられた初のナイロン生地を使用しました。

当時としては革新的なフライトジャケットの登場でした、ちなみに、ナイロン生地は 1935年にアメリカの『デュポン社』のウォーレス・カローザス博士のチームによって開発された初の完全な人工合成繊維です。

このナイロン生地をメインの素材として採用した初のフライトジャケットが、ライドゾーン用( 10℃~30℃ )の TYPE L-2 フライトジャケットと、若干時期が遅れる事完成したインターミディエイトゾーン用( -10℃~10℃ )の TYPE B-15B フライトジャケットが登場したのです。

1947年、陸軍航空軍が陸軍より完全に独立をして米国空軍となった事で、1952年には TYPE L-2 フライトジャケットのスペックをそのまま引き継ぎ米空軍のニューカラーのエアフォースブルーの TYPE L-2A が登場しました。

その後、エアフォースブルーの視認性の問題(諸説あります。)などの事から。

TYPE L-2A フライトジャケットの基本フォルムを受け継いだ米空軍のニューカラーセージグリーンの TYPE L-2B フライトジャケットが登場するが、TYPE L-2B フライトジャケットは約 11回に及ぶ細かいスペック変更を受けています(米軍の仕様規定ミルスペックの変更は MIL-J-7448 から MIL-J-7488J まで存在します。)

その後 1978年、耐熱アラミド繊維(アロマティックポリアミド、商品名ノーメックス)を使用した TYPE CWU-36P の登場により、TYPE L-2 シリーズはその使命を終える事になります。


今回のアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケットです!!
TYPE L-2 シリーズの初期型モデルです!!
ジャケットの中央にはレザー製オキシデントタブが付きます!!
黒タグが付きます!!
メインジッパーは『 TALON 』社製の物に交換されています!!
シガレットポケットのジッパーは『 CROWN 』社製のスプリング式ジッパー(こちらはオリジナル品です。)を使用しています!!
両肩にはエポレットが付き裾部分にはストームフラップが付くなど『 TYPE L-2 』シリーズの特徴はここから始まりました!!
この TYPE L-2 フライトジャケットは U.S. AIR FORCE 初めてのナイロン製フライトジャケットとして登場したモデルです!!
米軍フライトジャケットの中でも非常に数が少なく希少性の高いフライトジャケットです!!


U.S. AIR FORCE TYPE L-2 フライトジャケット

年代: 1950'S SIZE: 36

¥459000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2021/02/23(火) 11:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2075)
その他 (5)
未分類 (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード