FC2ブログ

東京・中目黒の古着屋 Cider(サイダー)です!!

アメリカのヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えております!!是非ご来店下さい!!

1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE C-2 ニット フルジップカーディガン( WALDES カバージップ)!!

本日紹介するアイテムは 1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE C-2 ニットです!!TYPE C-2 は TYPE A-2 フライトジャケットなどの下に着用可能な様にタイトな作りになっています!!是非チェックして見て下さい。

20180913-1.jpg

20180913-2.jpg

20180913-3.jpg

20180913-4.jpg

20180913-6.jpg

20180913-5.jpg

20180913-7.jpg

20180913-8.jpg

20180913-2.jpg

20180913-1.jpg

アメリカ陸軍航空軍(英語表記:United States Army Air Forces 通称: A.A.F. アメリカ陸空軍とも言います。)はかつて存在したアメリカ陸軍の部門の一つです。1941年にアメリカ陸軍航空隊( U.S. Army Air Corps )の再編によって設立されました。航空機の性能の向上及び 1939年の第二次世界大戦の勃発に伴い、アメリカ陸軍航空隊に於ける航空兵力の整備・増強が行われていました。この航空兵力の拡大に伴い、1941年 6月 20日に陸軍航空隊を再編して、陸軍地上軍( Army Ground Forces )と同格かつ地上軍と分離されたアメリカ陸軍航空軍が編成されました。A.A.F. は陸軍参謀本部の直接指揮を受けて行動します。1941年 12月にアメリカ合衆国が第二次世界大戦に参戦する事になります。戦争中も規模拡大が続き、1941年 12月時点で約 12,297機・約 24,724名であった兵力は、1945年 8月には約 63,715機・約 2,253,182名となりました。第二次世界大戦終結後は陸軍航空軍は陸軍地上軍から独自性を持って発展して、1947年 9月 18日に国家安全保障法により陸軍より完全に独立して、アメリカ空軍(通称: U.S.A.F. )となりました。

今回のアイテムは 1940年代 ARMY AIR FORCE TYPE C-2 ニットです!!ARMY AIR FORCE で採用そして支給されていたフルジップのカーディガンニットです!! TYPE C-2 ニットは第二次世界大戦当時パイロットや搭乗員の間で TYPE A-2 フライトジャケットなどの下に着るインナーニットとして非常に人気の高いアイテムでした!!今回の TYPE C-2 ニットのメインジッパーには非常に珍しい『 WALDES 』のカバージップを使用しています!!肩はラグランスリーブを採用しています!!左側にはパッチポケットが 1 つ付く非常にシンプルなデザインです!!内側のタグの下には所有者のネームや認識番号がステンシルで入ります!!サイズが 44 は市場に出て来る事の無い非常に珍しい大きいサイズの TYPE C-2 です!!

U.S. ARMY AIR FORCE TYPE C-2 ニット カーディガン

年代: 1940'S SIZE: 44

¥129000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
スポンサーサイト
  1. 2019/01/20(日) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1940年代 U.S. ARMY アルパカライナーベスト 刺繍( CONMAR ジッパー)!!

本日紹介するアイテムは 1940年代 U.S. ARMY アルパカライナーベストです!!アルパカライナーベストに刺繍が入るタイプの物は非常に珍しいアイテムです!!是非チェックして見て下さい。

20161116-1

20161116-2

20161116-3

20161116-4

20161116-5

20161116-6

20161116-7

20161116-2

20161116-1

アルパカ( alpaca、学名: Vicugna pacos = Lama pacos )は、南アメリカ大陸原産の家畜の1種です。ラクダ科のビクーニャ属またはラマ属に属します。極めて良質な体毛を具えており、古来、衣類を始めとする生活用品への体毛の加工利用が品種改良の目的でした。同じアンデス地方で飼われている家畜であるラマ(リャマ)が主に荷役に用いられるのに対して、アルパカは主に体毛を利用します。その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、その他のさまざまな衣類を作り、自分達で着たり輸出したりしています。服飾業界において『アルパカ』の名は複数の意味で用いられる事が多い。毛について言う場合は大半はペルー産のアルパカの物を指す場合が多い。しかし、生地としてはより広く、アルパカの毛でペルーにて作られた物だけで無く、イタリアやイギリスのブリランテ( brillante )などを混ぜて作った物も『アルパカ』と呼ばれる事が有ります。生地としての最高級品質は、生まれて初めて刈り取ったアルパカの毛で作ったもので、『ベビー・アルパカ』と称されます。1回の採毛量は約 3kgほどで、隔年に刈り取ります。1頭のアルパカからの刈り取りは生涯で 3~4回程です。部位別に見ると背中の毛が価値が非常に高く、腹、脚と地面に近くなるにつれ価値が下がって行きます。南米古来の動物で毛を用いるのは、ビクーニャおよびアルパカ、ラマおよびグアナコの約 4種です。ビクーニャとアルパカはいずれも毛が重要視されていますが、アルパカの場合、毛の品質と量の点で優れていて、ビクーニャは柔らかさ、きめ細かさ、希少さと高品質の点で珍重されている場合が多いです。グアナコの毛はビクーニャより若干劣りますが、量はやや多いので珍重されています。

今回のアイテムは 1940年代 U.S. ARMY アルパカライナーベストです!!シェルはコットンポプリン生地を使用しています!!ライナーはアルパカ 100% のライニングになっています!!全体に刺繍の入るタイプの物はアルパカライナーベストの中でも非常に珍しいタイプのベストです!!フロント両サイドには龍の刺繍が入ります!!背中には大きく昇り龍の刺繍が入ります!!刺繍はスカジャンの刺繍と同様に何色も色の糸を使い非常に綺麗に仕上げられています!!ジッパーは『 CONMAR 』社製のコの字留めジッパーを使用しています!!第二次世界大戦中のミリタリーアイテムの中でも市場には出回る事の無い貴重なアルパカライナーベストです!!

U.S. ARMY アルパカライナーベスト 刺繍入り

年代: 1940'S SIZE: MEDIUM

¥149000+TAX


通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider (サイダー)
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2019/01/19(土) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15D MOD モディファイド ジャケット(エアフォースマーク)!!

本日紹介するアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15D MOD モディファイドジャケットです!!通常のモディファイドは白いタグが付きますが今回は非常に珍しい黒タグのモディファイドジャケットです!!是非チェックして見て下さい。

20170603-1

20170603-2

20170603-3

20170603-4

20170603-5

20170603-6

20170603-7

20170603-8

20170603-9

20170603-10

20170603-11

20170603-2

20170603-1

第二次世界大戦後、ジェット戦闘機の到来によりそれまでの航空整備は大きな見直しを迫られました。それはフライトジャケットも例外では有りませんでした。航空装備の変更で最たるものは機体の振動からパイロットの頭部を保護するハードヘルメットの導入でした。ヘッドギアの大型化はフライトジャケットの襟部分、特にムートン部分に干渉するという結果をもたらしました。この問題を解決するため TYPE B-15 シリーズは襟に改修を加えた『 “Modified”(MOD. ) 』モデルが制作されました。改修はムートン襟をボディから取り外し、ウール製のリブニットを付け直した物です。この作業を行うためには一度ボディを裏返しにしなければ襟付け不可能な為、背中のウエストリブを一旦はずして行われました、その為、襟と裾には縫い直しの跡が見られます。このモディファイドは TYPE B-15シリーズの A.B.C.D. に多く見られ正式に改修されたことを証明する白いラベルが後付されました。一般的に誤解されやすいのですが、アルファベットの順番にモディファイドされたと思われがちですが、これは間違いです。1950年代の航空装備見直しにともなって行われたのです。

今回のアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15D MOD モディファイドジャケットです!!TYPE B-15 シリーズの集大成である TYPE B-15D のモディファイドジャケットです!!通常のモディファイドジャケットは白いタグが付きますが今回のモディファイドは黒タグです!! TYPE B-15D のタグが付く非常に珍しいモディファイドジャケットです!!白いタグを付けなかった為でしょか TYPE B-15D の STOCK NO 部分が黒く塗り潰されています!!左肩にはエアフォースマークが入ります!!ナイロンオキシデントタブや脇の下の通信用コードタブも付きます!!メインジッパーは『 CROWN 』社製の物を使用しています!!シガレットポケット部分のジッパーは『 CROWN 』社製のスプリング式ジッパーを使用しています!!

U.S. AIR FORCE TYPE B-15D MOD モディファイド ジャケット 黒タグタイプ

年代: 1950'S SIZE: 38

¥299000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2019/01/18(金) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15C MOD モディファイド ジャケット エアフォースブルー(クラウンジッパー)!!

本日紹介するアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15C MOD モディファイドジャケットです!!テストサンプルの為 TYPE B-15C の襟ボアを取りリブニットに変更されたジャケットです!!是非チェックして見て下さい。

160901-1

160901-2

160901-3

160901-4

160901-5

160901-6

160901-7

160901-8

160901-9

160901-2

160901-1

第二次世界大戦後、ジェット戦闘機の到来によりそれまでの航空整備は大きな見直しを迫られました。それはフライトジャケットも例外ではなかったのです。航空装備の変更で最たるものは機体の振動からパイロットの頭部を保護するハードヘルメットの導入でした。ヘッドギアの大型化はフライトジャケットの襟部分、特にムートンに干渉するという結果をもたらしました。この問題を解決するため TYPE B-15 シリーズは襟に改修を加えた『“Modified”(MOD. )』モデルが制作されました、改修はムートン襟をボディから取り外し、ウール製のリブニットを付け直したものです。この作業を行うためには一度ボディを裏返しにしなければ襟付け不可能な為、背中のウエストリブを一旦はずして行われました、その為、襟と裾には縫い直しの跡が見られます。このモディファイドは TYPE B-15シリーズの A.B.C.D. に多く見られ正式に改修されたことを証明する白いラベルが後付されました、一般的に誤解されやすいのですが、それぞれのタイプが開発されます、アルファベットの順番にモディファイドされたと思われがちですが 1950年代後半の航空装備見直しにともなって A.B.C.D. のタイプに関係なく行われました。

今回のアイテムは 1950年代 U.S. AIR FORCE TYPE B-15C MOD モディファイドジャケットです!!TYPE B-15C は米軍フライトジャケット史上非常に珍しいエアフォースブルーカラーです!!その TYPE B-15C の襟ボアを取り TYPE MA-1 フライトジャケットの様リブニットにしたテストサンプルジャケットです!!ナイロン製のオキシデントタブが付きます!!左右の脇の下には通信用コードを通す為のボックスタブが付きます!!メインジッパーは大型のスプリング式の『 CROWN 』社製のジッパーを使用しています!!シガレットポケット部分のジッパーは小型の『 CROWN 』社製のスプリング式ジッパーを使用しています!!襟ボアの有る通常の TYPE B-15C フライトジャケットは朝鮮戦争時代基地の慰問時に訪れたマリリンモンローが着用してとても有名になったフライトジャケットです!!

U.S. AIR FORCE TYPE B-15C MOD モディファイドジャケット

年代: 1950'S SIZE: MEDIUM

¥499000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2019/01/16(水) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0

1970年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2B フライトジャケット スコードロンパッチ(階級章)!!

本日紹介するアイテムは 1970年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2B フライトジャケットです!!フロントにスコードロンパッチや階級章やネームパッチが沢山付いた非常に珍しいタイプです!!是非チェックして下さい。

160914-1

160914-2

160914-3

160914-4

160914-5

160914-6

160914-7
160914-8

160914-9

160914-10

160914-11

160914-3

160914-2

160914-1

1960年代~1970年代、ソビエト連邦の防空網は発達してきており、それ以前に構想されたような高空侵攻を行えば、レーダーに発見され地対空ミサイルや戦闘機の餌食となるのは明らかであった。そのため戦略航空軍団では、レーダーに捕捉されない地表すれすれの低空を飛行させて敵地に侵入し、攻撃を行うことを考えていました。しかし当時使用されていた戦略爆撃機は、いずれもそのような使用方法を想定したものではなかったため、性能的には不十分でした。そこで戦略航空軍団では、地形追従レーダーを装備し低空侵攻能力に長けた『 F-111 』の戦略爆撃機仕様を開発し、運用することを計画したのです。『 F-111A 』からの主な改修点は主翼とエンジンで、主翼は航続距離延伸のために『 F-111B 』で使用されていた長い主翼を装備し、エンジンは『 TF-30-P-7 』に換装された。この計画に対し1966年には開発予算が認められ、マクナマラの推奨により 210機の大量生産が決定されたが、後に『 B-1A 』の開発が決定されたため、『 FB-111A 』はそれまでのつなぎの機体とされてしまい、76機に削られてしまいました。しかしその『 B-1A 』の開発がカーター大統領の命令により中止となったため、ジェネラル・ダイナミクスは代替機として『 FB-111A 』の改良型の『 FB-111B/C/G 』などを提案してアプローチするが、採用に至りませんでした。次代のレーガン大統領によりアメリカが軍拡路線に転ずると、再び戦略爆撃機開発の機運が高まり、ジェネラル・ダイナミクスは再度のプランとして『 B-111H 』を提案しましたたが、『 B-1B 』との競争に敗れ、採用に至りませんでした。『 FB-111A 』の主な核装備は射程最大 220km の空対地ミサイル AGM-69A SRAM (威力 170 ~ 200 キロトン)、無誘導核爆弾の B43 ( 70 ~ 1,450 キロトン)、B61 ( 100 ~ 500 キロトン)のいずれか 6 発でウェポンベイに 2 発、翼下に 4 発装備します。場合によってはウェポンベイの中に燃料タンクを装備し核兵器は翼下のみに装備する事も有ります。また B28 、B57 、B83 なども装備可能です。1991年に『 FB-111A 』は戦略任務から引退したが、76 機のうち 30 機は戦略爆撃用の装備を撤去し、『 F-111G 』として再配備されました。

今回のアイテムは 1970年代 U.S. AIR FORCE TYPE L-2B フライトジャケットです!!TYPE L-2B シリーズの中でも最終型のタイプです!!胸にはネームパッチやスコードロンパッチなどが沢山付きます!!左右の肩には大尉( Captain )の階級章が付きます!!メインジッパーは『 SCIVILL 』社製の物が使用されています!!シガレットポケットのジッパーは『 SCOVILL 』社製と『 GRIPPER 』社製のダブルネームジッパーを使用しています!!両肩のエポレットや裾部分のストームフラップが無いシンプルなタイプのTYPE L-2B フライトジャケットです!!裏地のレスキューオレンジカラーはサテン生地を使用しています!!階級章やスコードロンパッチやネームパッチなどが沢山付いたモデルになっていて非常に珍しいフライトジャケットです!!

U.S. AIR FORCE TYPE L-2B フライトジャケット スコードロンパッチ

年代: 1970'S SIZE: LARGE

¥129000+TAX

通信販売も出来ます!!

オンラインショップも有ります!!
http://kh0215.cart.fc2.com/

お問合せ先  used & vintage clothing Cider(サイダー) 
〒153-0051 東京都 目黒区 上目黒 1-2-9 ハイネス中目黒 104号 
( 03-5722-0156 )
  1. 2019/01/15(火) 12:00:07|
  2. 入荷情報
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

HASEGAWA

Author:HASEGAWA
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-2-9
ハイネス中目黒104号

定休日:基本的に無休です。
(お休みの日程はブログ・ツイッター・フェイスブック等でご確認下さい。)

☎ 03-5722-0156

used & vintage clothing Cider

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

入荷情報 (2073)
その他 (5)
未分類 (21)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード